トップページ >  ホワイトニングのコラム >  効果的に歯を磨く方法

歯を白くするために効果的な歯磨き方法

歯の磨き方

市販の歯磨き粉には、大量の研磨剤が入っています。
強くこすればこするほど、歯の表面にあるエナメル質を傷つけてしまい、 そこに汚れが入りこんで黄ばみが進んでいきます。

では、どのようにして磨けばよいのか?を紹介します。

効果的なのは、磨くタイミングです。 食後すぐに磨けば、汚れはサッと落ちるんです。
食事をしたあとのお皿もそうですよね? 食事をして、すぐにお皿を洗えば汚れが落としやすいですよね。 時間がたったお皿は、汚れがこびりついてしまってなかなか取れません。
お仕事や時間の都合で、食後すぐにどうしても磨けないという方は 水でうがいをするだけでもかなり違います。ぜひ試してみてください。

そして、歯の磨き方。
ゴシゴシと歯ブラシをこすりつけてしまうのは良くありません。 力を入れすぎると、歯と歯の間に歯ブラシの毛先が入っていかないので汚れがちゃんと落ちないんです。 また、歯茎と歯の境にある歯垢も十分に取りきれません。

歯医者さんでブラッシングの指導を受けたので正しい歯磨きの方法を伝授します。
まず、歯ブラシは親指と人差し指で軽くもちます。 このように持つことで、力が入りにくくなりますよね。このぐらいの力でいいんだそうです。
そして、磨く時は大きくゴシゴシと動かすのではなく、小刻みに動かします。 強くゴシゴシと磨かないと汚れが落ちてないような気がしますが、このほうが汚れが落ちます。 強くあてすぎると、歯ブラシの毛がギュッと曲がってしまいます。 毛の側面で磨くのではなく、歯ブラシの毛の先端で磨くので、毛が立っていないとダメなんですね。

歯磨きの時間は、上の歯の表側で30秒、裏側で30秒。そして下も同様に。 つまり、最短でも2分かかることになります。 特に奥歯の一番のど側は磨きにくいところなので念入りに。

歯ブラシを動かすときは小刻みであればあるほど良いですが、手がつかれてしまうというあなたには、電動歯ブラシがおすすめです。 一般的な電動歯ブラシの振動数は、1分間に3000~10000回ということなので、効果的なんです。
また、多くの振動を歯茎にも与えます。 歯茎は年とともに後退していって、後退してしまった歯茎は元には戻らないので電動歯ブラシはこのような点でもおおいに活躍します。

正しい歯磨きの方法で、歯の黄ばみや歯周病を予防していきましょう。

歯にこびりついた頑固な汚れを、スルリと剥がし取る効果
詳細はこちらから

売れてます!
運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

歯を白くするために効果的な歯磨きの方法についてご紹介します。

Copyright © 2015 自宅で歯を白くする方法|デンタル特集 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。