トップページ >  歯の黄ばみの原因 >  コーヒー、お茶、赤ワイン

歯の黄ばみの原因:コーヒーや赤ワインについて

コーヒーのタンニン

コーヒーは歯の黄ばみを促進する代表的な飲み物なんです。
コーヒーにはカフェインが含まれていて中毒性があるので、 飲む方は1日に何杯も飲まれる方も多いのではないでしょうか。

コーヒーにはタンニンが多く含まれています。 タンニンといえば、緑茶や紅茶にも含まれているのでこれらの飲み物も歯の黄ばみを促進します。

また、コーヒーや紅茶、赤ワインには色がついていますよね。 この色素も歯の黄ばみの原因です。
歯の表面について色素をすぐに落とさないと、 色素がタンパク基質と強固に結合して歯の表面に沈着していきます。
コーヒーや紅茶を飲んだら、すぐに水でうがいをするといいでしょう。
また、歯の表面に飲み物自体がつかないよう、ストローをのどの奥まで差し込んで飲むという方法もありますが・・ こちらは危険なのであまりおすすめできません。

コーヒーや茶渋、赤ワインなどの色素沈着が起こると、 歯の表面がざらついてきて歯垢などの汚れがつきやすくなり、 その結果、虫歯にもなりやすくなるという悪影響もあります。

コーヒーやお茶、紅茶は嗜好品なので楽しみをなくすというわけにもいきませんし、 よく飲まれる方はまめな歯磨きをしたり、専用のホワイトニングケアで対策をしていきましょう。

歯にこびりついた頑固な汚れをスルリと剥がし取る効果
詳細はこちらから

売れてます!
運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

歯の黄ばみの原因になるコーヒー・お茶・赤ワインについて。

Copyright © 2015 自宅で歯を白くする方法|デンタル特集 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。