トップページ >  歯の黄ばみの原因 >  タバコのヤニ

タバコのヤニ汚れと歯磨き粉について

タバコのヤニ汚れ

タバコを吸う方は、歯の表面だけでなく、歯の裏側にもヤニ汚れがついています。
考えてみてください。家の中でタバコを吸っていると、 壁紙や天井が黄色くなってきませんか? それだけ、ヤニの汚れがついているということです。 ちょっと考えるとこわいですね。
また、表面だけについていると思われるヤニ汚れですが、 歯の隙間にも汚れは吸着しています。

市販の歯磨き粉でよく「ステインを除去する効果」などとうたわれているものが売られていますが、 その大部分が研磨剤で歯のエナメル質を削るものです。
特に、「歯の美白」を売りにした商品は研磨成分が強いので気をつける必要があります。
傷がついたところにヤニは付きやすいので、
汚れがつきやすくなる→削る
の繰り返しで、まさに悪循環となってしまいます。

また、電動歯ブラシを併用していると、さらに削られてしまうので要注意です。
電動歯ブラシの持ち方は、親指と人差し指で軽くもち、力を入れずにあてるのがポイントです。 ゴシゴシこすっていると逆に良くないので注意してくださいね。

タバコのヤニ汚れを落とすには

タバコのヤニ汚れ

コーヒーやお茶、赤ワインも歯の黄ばみの原因となりますが、 タバコでつく汚れに比べたらかわいいものです。
それぐらい、タバコのヤニ汚れは歯を変色させます。

では、ヤニを落とすには何を使えばよいの?という方に。
おすすめは「薬用トゥースメディカル」です。
歯磨き粉と同じように使えるお手軽なもので、 国際特許成分「網状ウルトラメタリン酸」というものが含まれています。 この「網状ウルトラメタリン酸」は、人間がもともともっている安全な成分で マイナスイオンの働きでステインをはがし、さらに歯をコーティングして保護します。
汚れを剥がしとるので、口臭の改善にも効果があります。

市販の歯磨き粉でがんばってみがいても、長年のがんこなヤニ汚れがとれないという方に是非おすすめしたい商品です。

薬用のホームホワイトニング
詳細はこちらから

売れてます!
運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

歯の黄ばみの原因第1位、タバコのヤニ汚れについて。

Copyright © 2015 自宅で歯を白くする方法|デンタル特集 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。